発酵食品 ( 活きた微生物(乳酸菌など)や酵素を食べる為には 手造りがオススメ!)




発酵食品

「健康は腸から」と言う言葉があるように、腸は大切です。

体の悪い人の腸は汚れているとも言われますが、腸をキレイにするのは腸内細菌であり、腸内細菌を元気にする食物としては 発酵食品が有名です。

健康で長寿の地域の方は、腸内細菌に良い食物を食べている方が多いという話は よく聞く話ですね。

できれば、発酵食品は手造りがオススメです。

発酵は微生物や酵素の力で造られているものです。市販品は味を一定に保つ為、出来上がった発酵食品に火入れし(熱を加える)微生物や酵素の活動を止めてます。ですので、健康の為には微生物(乳酸菌など)酵素も食べることが大切ですので手造りがオススメです。

「発酵食品」がいま再び脚光を浴びているワケ | 食品
発酵食品がブームと言われる背景には、次のようなことが大きく影響しているといえるだろう。①マクバがん・レポート(アメリカで1977年に提出された健康調査報告)の「健康は食生活から」という提言が大きな話題と…




毎日の食事に取り入れたい「発酵食品」

 腸内環境が悪いと食べた栄養素を吸収することすら難しくなってしまいます。腸内環境を整える為に手軽に食べれるのが 発酵食品です。

毎日の食事に取り入れたい腸内環境を整える発酵食品のススメ
便秘予防・解消のために腸内環境を整えるには、毎日の食生活がとても重要。そして、さまざまな食品の中でも、特に効力を発揮するのが発酵食品です。ここでは、なぜ発酵食品が腸内環境の改善に効果的なのか、そして腸が喜ぶ発酵食品や効果的な食べ方について紹介します。

腸を元気にするつくりおき発酵食 酵素のチカラで からだが変わる



腸を元気にするつくりおき発酵食 酵素のチカラで からだが変わる, 価格 :1,080円

「発酵食品」の真実をどれだけ知っていますか

和菓子の「くず餅」も実は発酵食品だった

「発酵食品」の真実をどれだけ知っていますか | 蘊蓄の箪笥 100章
01. 「発酵」とは微生物の代謝によって物質が分解されたり変化したりすること02. 学術的には「微生物が有機物を嫌気的に分解してエネルギーを得る反応」と定義される03. 一般に「発酵」といわれる現象は多様で…

甘酒 (「飲む点滴」とまで言われる栄養源)

甘酒メーカー(ヨーグルトメーカー)を使えば、簡単に数時間で出来上がります。

出来た甘酒は冷凍保存もできますので便利に毎日愛用できます。

甘酒は自家製がオススメ。市販されているほとんどの甘酒は、味の変化を防ぐために加熱殺菌されています。高い熱が加わってしまうと、その熱でビタミンが変成して微生物は死滅し、貴重な酵素の活動が停止してしまうためです。
「飲む点滴」とまで言われる「甘酒」、江戸時代には夏の栄養ドリンクとして評判だったそうな。

腸活 サプリ(不足しがちな基礎栄養素の補給、腸内細菌の活性など)

ビタミンB1・B2・B6などのビタミンB群、たんぱく質、ミネラルといった栄養素の他に、グルカン・マンナンなどの食物繊維、さらに核酸などが含まれている栄養酵母。

乳酸菌 や 腸内乳酸菌を活性を目的とした「乳酸菌生産物質」など。

腸活・サプリ
腸内細菌を元気にする為のサプリメント。

梅干し(塩分はもちろん ミネラルも豊富です)

梅干し(梅は果実の中でクエン酸の含有量が最も多く、小さな1粒にレモン1個の2~3倍)
熱中症対策の食べ物は梅干しが効く!

味噌 (「味噌は医者いらず」と言われる程です。)

お味噌(「味噌は医者いらず」「 味噌の医者殺し」 「味噌汁は朝の毒消し」と言う言い伝えがあります。)
味噌の効能を侮ることなかれ!美容と健康に驚きの効果が!

「手前味噌」とは
昔は家庭で味噌を作っていました。そうすると味噌には各地域、各家庭独特のおいしさ、特長がでてきます。
そんな時代に、自分の家の味噌を美味しいと自慢することから、「自分で自分のことをほめること。自慢。」と言う意味で使われたとされてます。

「味噌をつける」とは
味噌は古く、火傷(やけど)の特効薬としても用いられていました。ところで、火傷をしてしまうのはどんな時ですか?不注意やなんらかのミスがあったときですよね。失敗して火傷をしたとき、治療として味噌をつける。こうした習慣から「失敗して評判を落とす。面目を失う。」と言う意味で使われたと言われます。

酢(内臓脂肪を減らし、太りにくい体を作りたい そんな方へオススメ)

代謝力アップ? 内臓脂肪の減少
お酢に含まれる「酢酸」は、この悩みを解決してくれる優等生!

簡単にできる 飲み物

和風ドリンク 黒酢ソーダ 作り方・レシピ | クラシル
「和風ドリンク 黒酢ソーダ」の作り方を簡単で分かりやすい料理動画で紹介しています。黒酢でさっぱり!和風のソーダドリンクです。黒酢を使って作るので、ゴクゴク飲めちゃうスッキリとした味わいです。炭酸水でシュワっとパンチの効いた口当たりがくせになりますよ。ノンアルコールカクテルとして飲むのもおすすめですし、暑い日のリラックス...
生姜でホッと! 黒酢ドリンク

生姜でホッと! 黒酢ドリンク

 

あったか黒酢柚子茶

あったか黒酢柚子茶

酢 と 黒酢 の違い

穀物酢のうち、米酢は精米を主な原料としていますが、黒酢には玄米や精米度の低い米、大麦を原料として醸造されたものがあります。

黒酢とは?黒酢と他の酢、何が違う? | 黒酢にんにく 公式サイト - サントリーウエルネスオンライン
黒酢と他のお酢との違いをご紹介。醸造酢や...

納豆

視力回復が期待できる 食べ物
酢納豆で 和食の定番メニューでもある納豆は、栄養が豊富で様々な病気に効果的だと言われています。

腸内細菌が元気に活動して始めて、内臓からの栄養の吸収も正常に行われると言われます。

日本は発酵食品の多い地域だと思われます。

猛毒のフグの卵巣でさえ発酵して食品にできています。

何故、猛毒が発酵によって無毒になり栄養豊な食品になるのかわ まだ解明されていません。

古来から造り続けて、無害が証明されているので、古来からの方法のみが許可されているとされてます。

微生物による発酵食品には未知の力がまだ残っているのでしょう。そんな先人の知恵を活かすことも大切だと思います。

フグの卵巣のぬか漬け

フグの卵巣は猛毒です。通常食べることはできません。

ところが、特殊な発酵方法で発酵させると食べれるそうです。

しかし、その理由はいまだ明確には分かってないとのことですが、昔から造り続けている方法だけが、認められ商品として販売されています。

発酵の奥深さを感じます。

発酵はすごい フグの卵巣のぬか漬けを食べました。 - ニュース - 三重県立 久居農林高等学校
三重県津市にある久居農林高等学校ニュース「発酵はすごい フグの卵巣のぬか漬けを食べました。」ページです。
危険すぎる!!猛毒ふぐの卵巣を食べてる人たちがいた… - NAVER まとめ
ふぐの内臓に毒が含まれることはよく知られています。しかし、石川県金沢市と白山市には、ふぐの卵巣をおよそ2年にわたって塩漬けとぬか漬けを行うことで、なんとその毒を...

チーズ

循環器系疾患は発酵乳製品の摂取量が多い方がそのリスクが低下すると主張する論文が多いとのことです。

また、チーズはとても効率の良いカルシウム供給源であり、

チーズのアミノ酸組成はすべての必須アミノ酸を含む20種類がバランスよく含まれています。

チーズの健康効果7選!美味しいだけじゃないんです! | チーズ専門サイト【 リル ド フロマージュ 】
チーズは美味しいけど食べると太りそうだし敬遠しがちではありませんか? 実は、あなたが思ってる以上に栄養豊富で健康効果の高い食べ物なんです。 では、チーズを食べることで私たちの健康にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか? この記事では、チーズがあなたの体に与える健康効果を7つご紹介します。 チーズは健康維持につな...

ヨーグルト(ヨーグルトとは、発酵乳の一種で、乳酸菌を用いて乳を凝固させた発酵食品のこと。)

醤油

香り成分フラノン – 高いがん抑制効果、抗酸化作用。

色素成分メラノイジン – 血糖値の上昇を抑制する効果。

発酵から生まれるペクチン – 整腸作用、免疫力のアップ。などがあるそうです。(日本が誇る伝統調味料「醤油」 – 知られざる醤油の栄養と効果から転載)

日本が誇る伝統調味料「醤油」 - 知られざる醤油の栄養と効果
醤油は日本が誇る調味料のひとつで発酵食品でもあります。日本食ブームもあり「Soy Sauce」として欧米諸国から人気を集めています。今回は醤油の栄養や効果についてご紹介します。
知られざるしょうゆのパワー | キッコーマン ホームページ
キッコーマンのオフィシャルサイト。知られざるしょうゆのパワーをご紹介いたします。

意外と知らない!?漬物は効率よく栄養摂取できること

漬物は効率よく栄養を摂取できる食品である。一般にビタミンCなどの水溶性ビタミンは、水に溶けやすく熱に弱い性質を持っている。そのため野菜に含まれる水溶性ビタミンは、加熱調理をすると失われやすい。しかし漬物にするとこれらを失うことなく摂取できるのである。

漬物に含まれる植物性乳酸菌は酸に強いため、胃液により死滅することなく、生きたまま腸まで届きやすいと言われている。(意外と知らない!?漬物は効率よく栄養摂取できること から転載)

意外と知らない!?漬物は効率よく栄養摂取できること | 食・料理 | オリーブオイルをひとまわし
漬物は食材を美味しくする方法として今も残る、先人の知恵が生きる食品である。野菜のうまみと栄養がそのまま凝縮され、特に発酵させた漬物には乳酸菌も含まれており、体に嬉しい効果がいっぱいだ。今回は気になる漬物の栄養やカロリー、塩分について学んでみよう。

知恵者の日本人はまた、自分たちの漬け物が、腸内で体によい働きをする微生物、とりわけ乳酸菌をその腸内で増やすのに大いに役立つものであることを、体験的に知っていた。野菜には、もともと乳酸菌がついているが、これを漬け物にすると、食塩に対して抵抗力の強い乳酸菌は、その漬け床で盛んに繁殖するのである。

ヒトがこれを食べると、漬け物から入った乳酸菌の一部は強酸環境にある胃をくぐり抜けて腸に達し、そこに棲みついて活発に増殖する。そのため腸内は、体によい乳酸菌で占められるようになり、腐敗菌や異常発酵菌などが腸内に侵入しても、その繁殖を抑えることができるのである。

そのうえ、有益な乳酸菌が腸内に多くなると、彼らはそこで多種のビタミンを生合成して分泌してくれるので、腸はこれを吸収し体の働きのために役立ててきたのである。ちょうどヨーグルトや乳酸菌の生菌入り発酵乳飲料を摂取した場合の作用と同じなのだ。(費用対効果が良すぎる「漬物」驚くべき効果 から転載)

費用対効果が良すぎる「漬物」驚くべき効果(小泉 武夫)
日本人の民族食である和食の基本に「一汁一菜」というのがある。「一汁」とはご飯と味噌汁のこと、「菜」はおかずのことで御香香をさしている。つまり漬け物である。日本人はたいへん古い時代から漬け物を食べていた。すでに縄文時代には、蔬菜の皮を塩漬けした簡単なものがあったし、奈良時代の天平年間(729~749)の木簡には、瓜の塩漬...