腸内環境




腸活(腸内環境)

腸内環境は腸内細菌に影響されている

腸内細菌には、「善玉菌」と「悪玉菌」があります。

大凡ですが、善玉菌20%、悪玉菌10%のバランスになってて、残りの70%は「日和見菌」。

1番多い「日和見菌」は、善玉菌が優勢だと良い働きをしますが、悪玉菌が優勢になると悪さをします。

まるで、一般社会みたいです。

この「腸内細菌の重さは合計で、1.0~1.5Kg、その種類は1000種類以上、その数は600~1000兆個」だそうです。

体重の1Kg以上は細菌で出来ているのです。

約1000兆個もの細菌が24時間勢力争いを繰り広げて、これが毎日の食べ物や生活環境で左右されているのです。

健康には 何故腸が大切か!

腸内環境が大切なのは、様々な免疫細胞を始め、ホルモンなどが、腸で造られているからです。

血液も腸で造られているという説もあります。

そんな大切な腸が 便秘や下痢など 腸内で腐敗を起こしているような状態はまずいです。

腸内環境を良くするには、腹八分目、発酵食品をよく食べる。 また サプリなら 乳酸菌生産物質 が良いとされます。

乳酸菌生産物質は良いのですが ちょっと価格も高めですね。

日頃から 食べ物(発酵食品や腹八分目)に気を付けている方には プラス 植物繊維を多くとることが オススメです。 そうですね 野菜です。

しかし、野菜が食べ辛い方には イヌリン がオススメです。 かなり安い商品なので 味噌汁やごはんを炊くときに混ぜるなどでも OK です。

私は 毎日味噌汁に入れていただいてます。

 

腸内細菌の役割

腸内細菌は食べた物をエネルギー源にして分裂・増殖を繰り返し各種物質を生産したり、消費したりしています。

これは腸内細菌が人間の生命活動に直接かかわっているということを意味します。

腸内細菌の特徴

腸内細菌は赤ちゃんが生まれる時、産道にいる細菌を飲み込み24時間以内に1000億個以上になります。

腸内細菌は第二の脳、あるいは第三の臓器と称され健康の舵取りと言われるほど重要なのものです。

消化官は消化吸収の場であり「人体最大の免疫装置」であり100兆個といわれる腸内細菌が

外来菌の侵入・増殖を阻止し更に前途の免疫系を刺激し、賦活しているのです。

免疫力向上、腸内の環境を安定させ、更に薬と併用すると効果を高め副作用を低減させる役割があります。

腸内細菌がないと、漢方薬も単なる排泄物となってしまいます。

腸内細菌ってなぜ必要なの?

腸内細菌は赤ちゃんが生れてくるときに母親の産道にいる細菌を細菌を飲み込み24時間以内に1000億個以上に増殖します。

そうすると生れてきた赤ちゃんは初めて緑色の便をします。これが人間の身体に腸内細菌が定着したことを示すものです。

逆に人間の命が消えるときに、真っ黒の便をしますがお腹の中の腸内細菌がみんな排泄されてしまうときです。このように腸内細菌は人間の生命と共存関係にあるのです。

腸内細菌が弱くなる原因は?

やはり加齢、疲労、ストレス、病気、薬剤の投与などが大きな原因としてあげられます。

また、現代は忙しい時間をおくる人が多くなった分食に関することも大変便利になりました。

スーパーではお惣菜が豊富にそろい、コンビニエンスストアでもお弁当やおにぎりが手軽に買い求められます。例えばそれらにも食品添加物、酸化防止剤、防腐剤、といったものが含まれております。

体にとっていいものとはいえません。腸内細菌は人間が口から摂取したものを栄養としておりますので 手軽なものだけではなくお腹にとってもいいものを食べるようにしたいですね。

便は身体からの大きな便り?

皆さんは便の正体をご存知でしょうか?

ただ漠然と、食べ物の残骸と思われがちですが、少し違うのです。

実は、人間の糞便の約3分の1から半分は腸内細菌の死骸なのです。

腸が元気で、善玉菌が多い人は柔らかくて黄色くてバナナ状、匂いのあまりない水に浮く便。

逆にストレスや食生活の乱れ、病気、運動不足などによって悪玉菌が優勢な方は便秘気味で固く、ぽろぽろとした色黒の便、または下痢などの症状になるようです。

便秘と腸内細菌

便秘の症状で悩む人は少なからずいらっしゃると思いますが、質のよい腸内細菌には腸内PH値を調整し、蠕動運動を活性化のお手伝いをする働きがあります。

よく、便秘には食物繊維質が多く含まれる食品をたべると良いといわれます。 なぜでしょうか?

それらの食材は、胃や十二指腸で消化吸収されずに小腸まで栄養が届けられ、 腸内細菌の栄養源となることによって有用菌が増殖して、蠕動運動が活性化するということです。

また、ヨーグルトなどを食べると免疫力があがり、お通じにも効果があるといわれます。空気中にいるいる菌(好気性菌)によって発酵するヨーグルトなどは、人間の体内に入り消化され酸素の全くない小腸に届けられたとき、私達の腸内細菌は嫌気性菌という菌であるため菌の性格が違うために排泄作用を起こします。そのときに善玉菌も闘うために増殖するのですね。

乳酸菌生産物質

『乳酸菌生産物質』は、乳酸菌研究から完成された乳酸菌の発酵エキスです。

このエキスには、生きた乳酸菌ではなく、乳酸菌の分泌物と菌体物質が含まれています。

乳酸菌生産物質の最大の特徴は、豆乳を培地に16種類の乳酸菌を発酵することです。

市販で販売されているヨーグルト(牛乳培地での単一種による通常培養)とは、その発酵パワーが違います。

「大切なのは、「自分」独自の乳酸菌を育むこと」 

人のおなかの中には、腸内細菌が100〜500種類・約100兆個・1kg以上いますが、その種類やバランスの多様性などには、いまだ未解明なことが多くあります。

東京大学大学院の最新の研究では、日本人13人の腸内細菌をまるごと分析するために、遺伝子で解析した結果、一人一人異なっていることが判明しました。

男性・女性という性別だけではなく、親子でも異なっていたのです。

また、特定の生きた菌を摂取しても、腸内に定着せずに通過菌となり、そのほとんどは1週間以内に便と一緒に排泄されているという報告もあります。

これらのことから、自分の腸内細菌のバランスを改善するには、生きた乳酸菌を大量に摂ることではなく、

自分独自の乳酸菌を増やし、固有の腸内細菌バランスを保つことが大切だと考えます。

そのためには、『乳酸菌生産物質』によるサポートをオススメします。

乳酸菌生産物質の歴史

「乳酸菌生産物質」の原点は 京都での乳酸菌の研究です(これは明治時代のことです。)
   ↓(研究)

西本願寺22世門主「大谷光瑞師」から「大般涅槃経」にある記述の、乳酸菌の発酵物から有効成分を抽出する」方法を提案される。(昭和20年頃)
   ↓(研究)

乳酸菌発酵ろ液から有効成分を抽出する方法を確立。(昭和55年)
   ↓(研究)
研究開始から約100年が過ぎ、多くの方に愛用されていますが、個々の腸内細菌については、いまだ未解明なことが多くあるのですが、健康な体には大切な役割をしているのが腸内細菌です。

自分独自の乳酸菌を増やし、固有の腸内細菌バランスを保つためには、生きた乳酸菌を大量に摂ることではなく、『乳酸菌生産物質』によるサポートをオススメします。

乳酸菌生産物質の成分は?

『乳酸菌生産物質』の中には、培地の豆乳成分や乳酸菌の栄養である糖もありません。

乳酸菌の「分泌物」と乳酸菌の「菌体物質」だけです。

現在の技術で分析しますと、4000~7000個の微量成分が含まれていることは分かっていますが、今の技術では、これらの微小物質を特定することはできません。

しかし、それらの微小物質が複合的にあらゆる生命体によい影響を与えていると考えられています。

ビフィズス菌 と 乳酸菌 の違い

大腸の善玉菌である、ビフィズス菌と乳酸菌の割合は、99.9%がビフィズス菌で、0.1%が乳酸菌です。

大腸の善玉菌のほとんどがビフィズス菌なのです。

乳酸菌が「乳酸」をつくりだしますが、、ビフィズス菌は「乳酸」に加え「酢酸」もつくりだします。

「酢酸」は、より強い殺菌作用で悪玉菌をやっつけてくれると言われてます。

ビフィズス菌は、生まれて間もないときからヒトの腸内に存在します。

健康な赤ちゃんの腸内細菌の大半を占めていますが、年齢とともに腸内のビフィズス菌は減少します。

代わりに、健康に悪影響を及ぼすさまざまな悪玉菌が増えると言われてます。

腸内発酵

お腹の中で発酵が起こる!?腸内環境を改善する短鎖脂肪酸とは - Ageless Life(エイジレスライフ)推進情報室
健康な食生活のキーワードとして不動の地位を築いた“発酵”と同じ現象が、実は私たちの体の中でも日々起こっていることをご存知ですか?