ミトコンドリアを増やす方法(運動とプチ断食がミトコンドリアの数を増やし、太陽光やクエン酸が活性化させる)




ミトコンドリア

ミトコンドリアは細胞の中に入っていて、体の熱の大半はミトコンドリアで造られると言います。

また 古くなった細胞の活動を止めるのも ミトコンドリアが司っている言われてます。

生命活動の根本の一つを担っていると考えられる大切なものです。




とってもシンプルな3つの方法

体内のミトコンドリアを増やして元気になるための3つの方法|WIRED.jp
あらゆる病気は、細胞内のエネルギー工場・ミトコンドリアの量が足りていないことが原因だと、ミトコンドリア研究の第一人者・太田成男は言う。逆に言えば、ミトコンドリアを増やせばずっと健康でいられ

こんな書籍があるほど 大切な器官です。普段あまり耳にしない「ミトコンドリア」ですが

健康維持の為には 意識を持つ方が良さそうですね。

ミトコンドリア とは

ミトコンドリアは、細胞内に存在する細胞内小器官であり、1細胞あたり100個から2000個程度含まれます。

機能としては細胞内におけるエネルギー(ATP)生成の役割や、アポトーシス(細胞死)に役割を担っています。(厚生労働省 ミトコンドリアから転載)

ミトコンドリア
細胞内に存在する細胞内小器官。 ATPの生成やアポトーシス(細胞死)において重要な働きを担っている。

もう君なしでは生きられない!ミトコンドリアと細胞の不思議な関係

好気性細菌という、酸素を使ってたくさんのエネルギーをつくりだすことができる生き物が、細胞に取り込まれ、細胞内に住み着いてミトコンドリアになったと考えられているのです。

ミトコンドリアの主な働きは酸素を使ってエネルギーをたくさんつくること。(もう君なしでは生きられない!ミトコンドリアと細胞の不思議な関係から転載)

もう君なしでは生きられない!ミトコンドリアと細胞の不思議な関係 | 科学コミュニケーターブログ

ミトコンドリアとは|構造や機能をわかりやすく解説

ミトコンドリアは私たちが摂取した食物からエネルギーを取り出して、体内で利用することのできるATPというエネルギーを作り出してくれます。

このエネルギーを消費することで代謝反応を進めたり、体を動かすことができるのです。(ミトコンドリアとは|構造や機能をわかりやすく解説から転載)

ミトコンドリアとは|構造や機能をわかりやすく解説 | 生命系のための理工学基礎

ミトコンドリアを増やし 元気にする方法

ミトコンドリアが元気の源

ほとんどの病気や老化はミトコンドリアの数や働きが低下して起こります。

運動とプチ断食がミトコンドリアの数を増やし、活性化させる。(ミトコンドリアが元気の源から転載)

ミトコンドリアが元気の源
私たちの体を構成するすべての細胞に存在し、エネルギーをつくりだすミトコンドリア。実は、ほとんどの病気や老化はミトコンドリアの数や働きが低下して起こります。 続きを読む →

太陽光はミトコンドリアの栄養を供給する薬のようなもの

光はミトコンドリアの栄養を供給する薬のようなもの。その意味では、できるだけ自然の日光などいい光を浴びたほうが、ミトコンドリアは元気になるそうです。(太陽光はミトコンドリアの栄養を供給する薬のようなものから転載)

頭をよくするには「ミトコンドリア」を働かせよう! 寝る前に摂取したいモノ | J-WAVE NEWS
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。5月14日(月)のオンエアでは、脳のパフォーマンスアップやアンチエイジングに、ミトコンドリアが有効という話

ミトコンドリア活性化素材として注目されている「レスベラトロール」

ミトコンドリアの働きを阻害するもの:カロリー過剰、水銀、鉛などの有害金属、炎症、トランス脂肪酸など。

ミトコンドリアを守るもの:野菜や果物食などから摂取できるSOD、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼなどの酵素。カロリー制限や運動。

最近取り上げられているミトコンドリア活性化素材としては、レスベラトロールがあります。

レスベラトロールは、ブドウの皮やピーナッツの薄皮に存在するポリフェノールの一種です。微量ながら赤ワインにも含まれています。身近なものでは、ウーロン茶ポリフェノール、茶カテキンもミトコンドリア活性化素材として知られています。(ミトコンドリア活性化素材として注目されている「レスベラトロール」から転載)

アンチエイジングとミトコンドリア | 大和薬品株式会社
免疫・自然治癒力の活性をめざし、研究・開発・製造にバイオサイエンスを駆使して挑戦する企業・大和薬品です。

藤田紘一郎先生解説!長寿の秘密はミトコンドリアエンジン

「人間のエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)を作り出すエンジンは、“解糖エンジン”と“ミトコンドリアエンジン”の2種類です。解糖エンジンは糖質を分解することでATPを作り出しますが、これに頼っていると体の糖化が進んでしまうことに。そこでおすすめしたいのが、“ミトコンドリアエンジン”です」(藤田先生・以下同)

ミトコンドリアは1つ1つの細胞内に2,000~5,000個存在する。

「“ミトコンドリアエンジン”は酸素を使ってATPを作り出します。必要とする糖は少量で、非常に持久力に優れたエンジンです。更年期以降は、持久力に優れているミトコンドリアエンジンをメインに動かし、糖質を控えたほうが元気に生きていけるでしょう」

ミトコンドリアは、空腹によっても新たに作られるという。

「1日のあいだに10時間以上の絶食時間を持つのが望ましい。たとえば夜8時に食事したら、翌朝6時まで何も食べないことです」

「梅干しに多く含まれるクエン酸は、ミトコンドリアエンジンをスムーズに動かすのに必要です。100歳以上の長寿の方々にインタビューすると、『梅干しを1日1個食べる』という方が多いんですが、添加物フリーでクエン酸が多く取れる梅干し水なら、水分と塩分を同時に補給できます」(長寿の秘密はミトコンドリアエンジンから転載)

藤田紘一郎先生解説!長寿の秘密はミトコンドリアエンジン | 女性自身
このたび、病気にならない100の方法を記した本を出版した藤田紘一郎先生(79)。じつは、人間の寿命は食生活の改善で、大幅に延ばせるという。長寿のための食べ方を聞いた――。   「人生100年時代といわれる昨今ですが、米国とドイツの人口学者の共同研究では『'07年生まれの日本人の半数は107歳まで生きるだろう』と推定され...