カーテン







カーテンは天井から吊ると、天井が高く感じ部屋も広く感じます。

 

そして、窓の外の景色が見えると視線が抜け解放感がありますので、部屋も広がりを感じます。

マンションの高層階など外からの視線が気にならないところであれば、薄手のレースカーテンだけで良いでしょう。

外からの視線を遮りたいときには、厚手のカーテンを窓側に吊り、レースカーテンを部屋内に吊る方法がオススメです。(通常の吊り方の反対です)

ボタニカルデザインの高機能カーテン特集<BOTANIQUE-ボタニーク-> | びっくりカーテン|100サイズカーテンとラグ・インテリア専門の通販ショップ
▲ TOP               ボタニカルなリラックスコーディネートをもっとお楽しみいただきたい!と、 おすすめのインテリア雑貨をたくさんご用

窓まわりのアイデア

窓フィルム
小さい窓には 窓フィルムが最適ですね。貼るだけですから簡単です。外からも見えにくいですし、寒い季節の暖房効果も上がります。(フィルムでは、サッシから部屋が冷えることは妨げられません)価格も安いものも多くありますので お試しください...
お気に入りの景色なら窓辺で 借景を楽しむ。窓の向こうに景色が広がることで、部屋も広く感じます。
こんな生活空間で 一定時間を生きるのもステキに思える。 窓にお気に入りの景色があれば、借景を楽しむなんて 最高の贅沢を感じることだろう。 部屋が狭く 窓が出入りする窓なら 机を可動式にしたり、壁収納にして、使わないときは邪魔にならない様に工夫するのもアイデア次第。
二重窓 防寒や冷房効果アップの為だけではありません。インテリアを重要視した内窓をDIYすればカーテンは要らなくなります。
マンションなど外から見られる心配のない窓でしたら、二重窓を造ればカーテンは不要になるケースが多いでしょう。 暖房や冷房効果を高めるのもカーテンより、中の空気層が密閉されるので効果は高い様に思えます。 インテリア性にしても、アクリル板にフィルムを張れば、イメージも替えれます。
窓枠を小物インテリアでキレイに!
窓まわりのアイデア

 


タイトルとURLをコピーしました