広く使う・楽しむインテリア

人は見通せる空間がなければ広さを感じることができません

部屋に入る場所からの距離があると部屋が広く見えます。

具体的な方法としては、窓の外の景色が見える様にする。

空間はヨコだけでなく、タテの広がりによっても空間を広々感じることができます。
たとえば、吹き抜けをつくるとタテのつながりが生まれ、開放感のある部屋になります。

部屋の中で視線が集中する場所(フォーカルポイント)を部屋の入り口から一番遠くに置く。

フォーカルポイントは、壁に絵や写真を飾ったり、ディスプレイ用の家具に小物を飾ったりすることでも演出することができます。

また、壁飾りやボードの上に小物を飾り、照明をあてることでフォーカルポイントを演出します。

部屋別に探す  アイデアを探す

広く使う』『広く見せる』インテリアを『アイデア別』に紹介

くずかご(屑籠)

広く使う』『広く見せる』インテリアを『アイデア別』に紹介

ベッド

ステップフロアーの下に 引き出しベッド スキップフロアーの上に 布団 (普段は下に収納) 引き出し式 ベッド ベッドの上に スライド式デスク もしくは、ステップフロアーの上にスライド式デ...
広く使う』『広く見せる』インテリアを『アイデア別』に紹介

引き出し

スライドレールを使った 便利な収納
『広く使う』『広く見せる』インテリアを『部屋別』に紹介

お風呂

シャンプー や リンスの置き方
広く使う』『広く見せる』インテリアを『アイデア別』に紹介

モクタンカン

広く使う』『広く見せる』インテリアを『アイデア別』に紹介

電気コードをスッキリ! 電気コンセントが遠い。電気など配線が見えるのが目障り。の解消に

配線カバー 配線をモールで隠すだけで簡単にできます。貼り付けのは両面テープで。 壁面の下(床と交わる当たり)にモールを貼り付け、中に配線を仕舞ってモールカバーをはめるだけ。 床に配線がゴロゴロしたり、壁面にフニュフニュ見えたりする...
広く使う』『広く見せる』インテリアを『アイデア別』に紹介

テレビ台など棚を DIY 棚を造るのは簡単で便利なのですが、殆どの壁は石膏ボードなのでネジを打てる下地を見つけることが大切です。

テレビ台   この金具が良いですね。見た目は脚もないので作り付けの様に見える。 テレビ台に使うのもオススメ。床が見える分部屋も広く感じます。 下地探し 脚が見えにくい ブラケット ちょっと オシャレな...
広く使う』『広く見せる』インテリアを『アイデア別』に紹介

家具(透明なインテリアを使う ガラスのテーブルや透明感のあるレースカーテンなど、広さや奥行きが増して見えます)

テーブル ガラスのテーブルの様に透明感があると、広さや奥行きが増して見えます。 ベンチ 収納 便利に使えるベンチ&収納です。 毎日座る椅子がベンチっていうのは ちょっと寛ぎ難いとは思いますが、 偶の多人数の来客のときには 便...
広く使う』『広く見せる』インテリアを『アイデア別』に紹介

鏡マジックで狭い部屋を広く感じさせる

部屋に大きな鏡を置くと、対面が鏡に映って空間に奥行と広がりがうまれます。外の景色を映すように置くと、外の光も反射して、とても明るく開放的になります。 できればそこに窓や外の景色が写るようにするとさらに効果的。 リビングダイニング 部...
広く使う』『広く見せる』インテリアを『アイデア別』に紹介

スキップフロアーに DIY (部屋に立体感を持たせ 広がりを感じさせる)

多目的 スペースとして活用 ベッド(布団) スペース
タイトルとURLをコピーしました