甘酒は自家製がオススメ。市販されているほとんどの甘酒は、味の変化を防ぐために加熱殺菌されています。高い熱が加わってしまうと、その熱でビタミンが変成して微生物は死滅し、貴重な酵素の活動が停止してしまうためです。




美容

江戸時代は、夏の栄養ドリンクとして流行っていたそうです。

甘酒は栄養分も豊富だし、腸内環境を整えてくれるパワーも豊富。

こんなに優れた健康食品を生活に取り入れないのは 勿体ないですね。




「飲む点滴」甘酒の効果と効能 (飲む点滴とは「米麹甘酒」)

甘酒には、米と麹でつくる米麹甘酒と、

酒粕と砂糖から作る酒粕甘酒の2種類があります。

米麹甘酒にはアルコールが入ってませんが、酒粕甘酒はアルコールを含有し、砂糖が入っているためカロリーも高くなります。

健康や美容に良いと言われている甘酒は「米麹甘酒」です。

米麹甘酒の特徴
①消化吸収を助けるので、胃腸に優しい
②腸内環境を整え、便秘の予防・解消に
③血行と代謝を促進。美肌効果も抜群!
④ダイエットの強い味方に!!

甘酒の恩恵を十分に味わいたいのなら、市販されている甘酒よりも自分で作ることをおすすめします。市販されているほとんどの甘酒は、味の変化を防ぐために加熱殺菌されています。高い熱が加わってしまうと、その熱でビタミンが変成して微生物は死滅し、貴重な酵素の活動が停止してしまうためです。( 店通から転載)

【実体験】一回1万円のビタミン点滴より毎日の『甘酒』習慣でアレルギー退治。『甘酒』パワーで壊れた腸細胞を整えて肌への驚きのアプローチを実感してください。
こんにちは、海外オーガニック事情に詳しいIN YOUライターのレオナです。 近年数多くのメディアでも紹介されその健康パワーに注目が集まっている『甘酒』。 最近はスーパーでも売り場の拡大が目立っていますね。 今回はこの『甘酒』が「何故アレルギー疾患を緩和するのか」自身のアレルギーに負けない 身体づくりの体験談を、西洋医学...

作り方

甘酒の作り方|マルコメの糀甘酒|マルコメ
米こうじを使った甘酒づくり。炊飯器での作り方や甘酒メーカーでの作り方を紹介しています。マルコメ株式会社の公式サイトでは、「プラス糀 糀甘酒シリーズ」をはじめ、食品メーカーならではの商品やレシピなどを紹介しています。

甘酒メーカーを使えば 甘酒は簡単にできます。

ご飯とコメ麹があれば 9時間くらいで発酵します。

自分で造れば 安いし、ビタミンもそのまま、微生物も生きているし、酵素も生きています。

ですから、甘酒効果も期待できます。

出来た甘酒は 冷凍保存すると一か月ほど持ちますので便利です。

飲む点滴と言われている甘酒の正しい飲み方

適切な量:1回あたり、50~120ml(おちょこ1杯~コップ1杯分)程度が適量といわれています。1日に200ml程度。

かわしま屋がお届けする、お役立ち情報満載の読み物コンテンツ
自然で丁寧な生活を楽しみたい方に、かわしま屋から食と暮らしに役立つ情報をお届けします

フリーズドライ 米糀からつくった甘酒 【国産米100%使用】


フリーズドライ 米糀からつくった甘酒 【国産米100%使用】, 価格 :1,814円

缶入り 甘酒

酒粕や甘酒ってアルコールは入ってる?度数は?飲酒運転になるの?

米麹甘酒にアルコールは入ってませんが、酒粕甘酒にはアルコールが入ってます。

甘酒を買うとき、パッケージに「ノンアルコール」と書いてあれば安心と思っていませんか?

実は、商品に含まれるアルコール分が1%未満であればノンアルコールと記載することができるのです。

酒粕や甘酒ってアルコールは入ってる?度数は?飲酒運転になるの? | 酒粕.com|日本酒と酒粕の専門店「酒乃竹屋」

甘酒メーカー(ヨーグルトメーカー)でできる 料理

ヨーグルト
甘酒
味噌
納豆
しょうゆ麹
塩麹

ヨーグルトメーカーで作れる発酵食品レシピまとめ!ヨーグルトも甘酒も味噌も納豆も作り方簡単! - コモンホーム